「北海道胆振東部地震」に関して

2018.09.10

 平成30年9月6日(木)3:08、北海道胆振地方中東部を震源として発生した地震は、地震の規模マグニチュード6.7、震源の深さ37㎞、最大震度が7と、北海道での観測史上初めての大地震となりました。

 当日は丁度「札幌光の森学園」でのイベントのため、北海道外からも多数の保護者様が来札されておりましたが、皆様の無事を確認しております。ただ、帰宅の飛行機の便が飛ばずに足止めをされた方、ホテルの宿泊が取れなかった方、北海道内が全域停電、飲用水や食料の入手困難など、保護者様には大変ご不便をおかけしましたが、皆様無事帰宅できたとのご連絡をいただき、胸をなでおろしました。

 一方、施設の被害状況ですが、利用者の皆様、職員、建物における被害は全くございませんでした。全事業所、各グループホームでは停電のため夜間は懐中電灯を使用。飲用水、食料に関しては準備していた災害時用飲料水・非常食を使用したり、スーパー、コビニエンスストアに並んだりして入手いたしました。また、万が一に備え、公用車輛の給油も長蛇の車列に並んで行う状況でした。そんな中、どの事業所でも、どのグループホームでも、断水がなかったことが唯一ホッとする安心材料でした。

 翌9月7日(金)20:30には全事業所、各グループホームで停電が解消され、利用者の皆さんも、私共も大変喜びました。その段階でも、札幌市内複数の地域で停電や断水が続き、電力供給に関しては、北海道全域の完全復旧までは一ヶ月以上かかるとも言われておりますし、この後、より大きな“本震”が来るのでは、とも言われております。

 「災害大国日本」において、最近では特に台風被害、大雨被害、津波、火山、地震と様々な災害が降りかかっております。今回の貴重な体験を振り返り、今何が必要か?どんな準備をすれば命を守れるか?慎重に検討していきます。

 

 追記 

 9月6日から現在にかけ、安否確認、現状確認、お礼や激励の言葉や援助のお申し出などを、ご家族の皆様、各自治体障害福祉窓口、関係機関、障がい福祉事業所や取引先の皆様からいただいております。ありがとうございます。私達は大丈夫です。より皆さんの手を必要としている被災した人達や事業所、機関が全国にたくさんあります。どうかそちらにも目を向けてください。私達も共に頑張っていきます。

お知らせ一覧へ