千種の邑「絵馬」

2021.01.07

 令和3年のお正月、初詣を自粛しております。毎年楽しみにしているだけに、今回の新型コロナウィルス感染症が恨めしいかぎりです。

 代わりに千種の邑の食堂に神社(鳥居)を設け、利用者の皆さんで思い思いの絵馬をつくって願掛けしています。当然、「早くコロナウィルスが無くなってほしい」や「けんこうでいられますように」などの願いが書かれたものから、「セノビックを飲んで身長が伸びますように」「お金たまりますように」といったユニークなものまで。

 「みんなが楽しく、仲良く、しあわせでいられますように」と職員一同の絵馬も掛けています。1月15日には氏神である「西野神社」の『どんど焼き(地域によってはどんと焼き、道祖神祭、左義長というらしいですね)』に持って行き、皆さんの願いが叶うようお祈りしてきます。

   

 

   

お知らせ一覧へ