2012-02-09
インフルエンザ流行発生警報発令!

札幌市はこの冬で初めて「インフルエンザ流行発生警報」を発令しました。


札幌市内の定点医療機関56ケ所で患者数が1ケ所当たり57.96人となり、発令基準の30人を大きく超えたためだそうです。施設でも風邪症状の方が多くなってきていらっしゃいますが、病院でインフルエンザと診断された方はまだいらっしゃいません。日頃から施設棟内の温湿度の管理と利用者の皆さんの体調管理をこまめに行っているからと自負しておりますが、今後も職員一同充分注意し、気を引き締めて皆さんの健康管理に努めていきます。

2022(C)Hikarinomori-Group