共同生活援助グループホーム

地域で暮らす、自分らしく生きる
共同生活援助(介護サービス包括型)
グループホーム

「障がい者総合支援法」で定められている「共同生活援助事業」を行う施設で、知的障がいや精神障がいのある方が共同で暮らしています。
グループホームでは、知的障がい・精神障がいの方が地域において自立した日常生活を営んでいく上で必要な、「家事などの日常生活上の支援」「食事・入浴・排泄等の支援」「日常生活における相談支援」などを行っています。

私たちが提案する、障がい者向けグループホームの魅力

  • 万全のケアと安全を確保した入居施設

    常に4~6名(夜間1名)のスタッフが常駐していますので、生活での不安や健康面をしっかりケアいたします。

  • 完全個室で 自分らしい生活空間

    建物も新しくプライベート空間を持つことで心身ともにリラックスでき、主体的な暮らし方を尊重したサポートを心がけています。

  • 仲間と過ごす 豊かでよりよい生活

    仲間と集団で生活することで、たくさんの楽しみやオープンなコミュニケーションに触れ、社会から孤立することなく生活できるように支援しています。

  • 生産活動や地域活動で 広がる可能性

    グループホームや生活介護事業所での生産活動や、地域の活動に参加することで社会活動への自信や自立心を養います。

  • バランスのよい食事で 健康をサポート

    栄養士が日々の献立を考え、栄養バランスのよい食事を提供し、ホームパーティーを楽しむこともあります。

  • 今後の生活も見据えた 環境づくり

    利用者の高齢化も見据えて、安心して生活していただく生活環境・サポート体制も充実しています。

光の森学園 各グループホーム
<日中サービス支援型>

2022(C)Hikarinomori-Group