学園概要 倫理綱領 目的・方針

札幌光の森学園

設置主体 社会福祉法人 光の森学園
施設種類 障がい者支援施設
事業種類 施設入所支援事業
生活介護事業
短期入所事業
所 在 地 札幌市中央区盤渓259-5
電話 011-615-2401
FAX 011-613-1409
定員 75名
開園 平成4年9月1日

札幌光の森学園

学園概要 倫理綱領 目的・方針

知的障がいのある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を自己実現できるようにすることが私達の責務です。そのため私達は支援者のひとりとして、確固たる倫理観をもってその専門的役割を自覚し、自らの使命を果たさなければなりません。ここに倫理綱領を定め、私達の規範とします。

生命の尊厳

私達は、知的障がいのある人たちの一人ひとりをかけがいの無い存在として大切にします。

個人の尊厳

私達は、知的障がいのある人たちの、ひとりの人間としての個性、主体性、可能性を尊びます。

人権の擁護

私達は、知的障がいのある人たちに対するいかなる差別、虐待、人権侵害も許さず、人としての権利を擁護します。

社会への参加

私達は、知的障がいのある人たちが、年齢、障がいの状態などに関わらず、
社会を構成するする一員としての市民生活が送れるよう支援します。

専門的な支援

私達は、自らの専門的役割と使命を自覚し、絶えず研鑽を重ね、
知的障がいのある人たちの一人ひとりが豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう支援し続けます。

学園概要 倫理綱領 目的・方針

施設の目的

当学園は、知的障がい者福祉法にもとづく知的障がい者入所更生施設で18歳以上の知的障がい者を受け入れ、生活支援、作業指導、社会生活への適応のために必要な訓練などをとおして社会復帰を図ることを目的としています。
(児童福祉法により、15歳以上の方の受け入れも可能です。)

運営方針

  • 1.明るく、安定した生活の場を確立する。
  • 2.生きがいと意義のある人生を創造する。
  • 3.社会の一員である自覚をもって、常に自立を目指す
社会福祉法人 光の森学園
障がい者支援施設
札幌光の森学園
〒064-0945
札幌市中央区盤渓259番地の5
TEL(011)615-2401
FAX(011)613-1409

上へスクロール